【佐賀弁】ならお任せ!!有名なものからマニアックまで!標準語訳付き!

リンク
リンク

佐賀弁ってそもそも何!?

佐賀弁とは、九州方言の中の肥筑方言(主に福岡、佐賀、熊本、長崎の方言の総称)のうちの、主に佐賀県で使用されている方言のことをいいます。
狭義では佐賀市で使用されている方言となっています。

より詳しく分類すると、佐賀県西部地方、東部地方、唐津地方、田代地区(鳥栖市、基山町周辺)などに分かれ、それぞれ若干の違いがあります。

有名な佐賀弁をランキングで紹介!標準語訳付き

まずは有名な佐賀弁をご紹介!

1位「がばい」

2位「なおす」

3位「あらか」

それでは解説行きましょう。

1位「がばい」

近年最も有名な佐賀弁の「がばい」。
お笑い芸人の島田洋七さんの「佐賀のがばいばあちゃん」で一躍有名になりました。

しかしこの「がばい」の意味は「とても」英語では「very」に該当します。
つまりがばいばあちゃんは「とてもおばあちゃん」という誤った表現なのです。

1位「がばい好いとー」→「とても好き」
2位「がばいよか」→「とてもいい」
3位「がばいすごか」→「とてもすごい」

2位「なおす」

博多弁にもある「なおす」。
意味は「(もとの位置に)もどす」という意味。
ついつい標準語だと勘違いをしてしまっている九州人も多いのだとか。

1位「冷蔵庫になおした」→「冷蔵庫にもどした」
2位「なおしとって」→「もどしておいて」
3位「なおさんばいかん」→「もどさなくちゃいけない」

3位「あらか」

これは独特の佐賀弁で、標準語に訳すのがやや難しい表現です。
あえていうなら、「すごい、らんぼう、雑」といった意味でしょうか

1位「あらか!」→「やばい!」
2位「筋肉痛のあらかった」→「筋肉痛がすごかった」
3位「雨のあらか」→「雨の降りかたが激しい」

文頭につけて使う佐賀弁ランキング!標準語訳付き

佐賀弁で文頭につけてよく使われるフレーズを、標準語の意味を添えて紹介していきます。

1位「そいぎ」「そーぎんた」

2位「ほんて」

3位「なんて」

それでは解説行きましょう。

1位「そいぎ」「そーぎんた」

こちらは「それでは」「そしたら」の意味にあたります。なんだかあたたかみを感じる方言です。

1位「そいぎね(別れ際に)」→「それじゃあね」
2位「そーぎんたさ」→「そしたらさ」
3位「そいぎんばってん」→「そうだとしても」

2位「ほんて」

こちらは「本当?」という意味です。女の子が使ったらかわいい方言です!

1位「ほんて?」→「ほんとう?」
2位「ほんなごて?(ややアレンジ)」→「ほんとうのこと?」
3位「ほんてびっくいした!」→「ほんとうにびっくりした!」

3位「なんて」

直訳すれば「何?」という意味ですが、場合によって色々な意味が発生する言葉です。方言って奥が深くておもしろいですね!

1位「なんて?(聞き返す言葉)」→「なに?」
2位「なんてね!(反応として)」→「何を言っているの!」
3位「なんてこんなかった」→「なんてことなかった」

語尾につけて使う佐賀弁ランキング!!標準語訳も

佐賀弁で語尾に使われるフレーズを紹介します。

1位「〜もん」

2位「〜と?」

3位「〜ね」

それでは解説行きましょう。

1位「〜もん」

主に「〜だ/〜でしょ?」といった断定的な表現に使われる方言です。
標準語で子供が使う「〜もん」と同じような感じです。佐賀弁では子供に限らず大人も子供もみんな使用します。

1位「よかろーもん」→「いいでしょ!」
2位「宿題しとらんやったもんね」→「宿題をやっていなかったんだよね」
3位「おいしかもんね」→「おいしいもんね」

2位「〜と?」

標準語でいう疑問形の最後につく「の」です。

1位「見たと?」→「見たの?」
2位「好いとっと?」→「好きなの?」
3位「あんたんと?」→「あなたの?」

3位「〜ね」

疑問形として語尾にくっつけて使用されます。
標準語の女性言葉の語尾に使用されるような感じでも使われることがあります。

1位「こいでよかとね?」→「これでいいの?」
2位「全部食べきーね?」→「全部食べれる?」
3位「あん人んことが好いとーね?」→「あの人のことが好きなの?」

マニアックでかわった佐賀弁ランキング!!標準語訳あり

ここではマニアックな佐賀弁をご紹介!マニアックすぎて佐賀県民でも馴染みの薄い方もいらっしゃるかもしれません。

1位「ちゃーがつか」

2位「ぐらいきた」

3位「せからしか」

それでは解説行きましょう。

1位「ちゃーがつか」

ずばり「はずかしい」という意味です。初めて聞く方はびっくりしちゃうかもしれませんね。

1位「ちゃーがつかった」→「はずかしかった」
2位「そい、ちゃーがつかけん、やめて、」→「それ、はずかしいから、やめて」
3位「ちゃーがつーなか」→「はずかしくない」

2位「ぐらいきた」

こちらも初めて聞く方はびっくりしちゃうかもしれません。地震のことでしょうか?いいえ、「がっかりした、ショックをうけた」の意味なのです。

1位「財布落としてぐらいきた」→「財布を落としてしまってしょっくだった」
2位「ぐらいすー」→「がっかりするー」
3位「ぐらいせんごと、試験、がんばらんば」→「がっかりしないように、試験をがんばらないと」

3位「せからしか」

意味は「うるさい」といった意味です。

1位「蚊のせからしか」→「蚊がうるさい」
2位「上司のせからしかもんね」→「上司がうるさいんだよね」
3位「せからしゅーしてたまらん」→「うるさくてたまらない」

よく使う佐賀弁ランキング!!標準語訳あり

よく使う佐賀弁をご紹介!
厳密にいえば、多少の地域差や年齢によっても違いがありますが、ここでは県庁所在地である佐賀市を中心に使われるものをお伝えします。

1位「よか」

2位「〜らん」

3位「がん」

それでは解説行きましょう。

1位「よか」

九州の方言といえばこれ!博多弁と同じように「いい」という意味で、佐賀でも頻繁に使用します。

1位「よかよ」→「いいよ」
2位「よかに決まっとーさ」→「いいに決まってるよ」
3位「どっちがよか?」→「どっちがいい?」

2位「〜らん」

「〜ない」といった否定形の意味があります。学生時代の古文の授業で習ったような

1位「知らんやった」→「知らなかった」
2位「食べきらん」→「食べれない」
3位「好いとらん」→「好きじゃない」

3位「がん」

これもはじめて聞く方はびっくりしりゃうかもしれません。インパクトのある方言です。
「がん」とは「こんな」という意味です。

1位「がんなった」→「こうなった」
2位「がんして、あーして、そがんすっと(説明している)」→「こうして、あぁして、そうするの」
3位「がん食べた?」→「こんなに食べたの?」

珍しい佐賀弁ランキング!!標準語訳あり

最後は珍しい佐賀弁ランキング!

1位「とっとっと」

2位「おらぶ」

3位「はらかく」

それでは解説行きましょう。

1位「とっとっと」

佐賀弁は擬音や擬態語を三回つなげて表現します。なんだかリズミカルですね。
ちなみに佐賀市の中心にはこの方言からきた「どんどんどんの森」という公園があります。

1位「ここ、とっとっと?」→「ここ、とっているの?」
2位「雨のざーざーざーで降いよー」→「雨がざーざーと降っている」
3位「車のびゅんびゅんびゅんて走りよる」→「車がびゅんびゅん走っている」

2位「おらぶ」

「叫ぶ」という意味です。

1位「おらんだ」→「さけんだ」
2位「おらぶぎんいかん」→「叫んだらいけない/騒いだらいけない」
3位「赤ちゃんのおらびよらす」→「赤ちゃんが泣いている(泣き叫んでいる)」

3位「はらかく」

お腹をぼりぼり…でありませんよ。なんと「腹が立つ/怒る」という意味なんです。

1位「はらかいた」→「腹が立った」
2位「はらかくぎんいかんよ」→「怒ったらいけないよ」
3位「よーはらかくひと」→「よく怒る人」

佐賀弁分かりましたか?色々な佐賀弁をお伝えしましたが福岡っちゃんでは九州方言解説が他県もありますのでご覧ください。

熊本弁の詳細はコチラ

長崎弁の詳細はコチラ

宮崎弁の詳細はコチラ

佐賀弁の詳細はコチラ

大分弁の詳細はコチラ

鹿児島弁の詳細はコチラ

博多弁から九州弁まで方言をのせています。
面白い表現もたくさんあるので見てみて下さーい。
九州弁
リンク
福岡っちゃん。プロフェッショナル。
タイトルとURLをコピーしました