【宮崎弁】のすべてが分かる!標準語に変換、人気の面白方言一覧

リンク
リンク

 宮崎弁ってそもそも何!?

宮崎弁とは、宮崎に住んでいる人や宮崎県出身の人が使う独特な言い回しやイントネーションのことをいいます。元・東国原宮崎県知事の影響で知った方も多いのではないでしょうか。
実際の宮崎弁は、北部(大分寄り)と南部(鹿児島寄り)で少し違いもあります。
宮崎弁の魅力はイントネーションの独特さ!是非、実際に音で聞いてもらいうたいですね。

2. 有名な宮崎弁をランキングで紹介!標準語訳付き

宮崎弁で比較的有名なフレーズを、標準語の意味を添えて紹介します。

1位 そんげ (そげん)・どんげ(どげん)

2位 おる

3位 てげてげ

1位 そんげ (そげん)・どんげ(どげん)

元・東国原宮崎県知事の影響で知った方もいるのではないでしょうか。
「そんな」「どうにか」といった意味で使われます。

1位「どげんかせんといかん」→「どうにかしなければいけない」
2位「そんげなことせんよ」→「そんなことしないよ」
3位「そんげなこと知らん」→「そんなことは知らない」

2位 おる

「いる」と同意義で使われます。

1位「そこにおって」→「そこにいて」
2位「おらんかった」→「いなかった」
3位「どこにおっと?」→「どこにいるの?」

3位 てげてげ

これも元・東国原宮崎県知事がよく使っていたフレーズです。
聞いたことある方もいるのではないでしょうか。
「適当に」といった意味で使われます。

1位「てげてげでいっちゃが」→「適当でいいんだよ」
2位「てげてげ運転」→「適当な運転」
3位「あんたてげてげやね」→「あなたは適当だね」

文頭につけて使う宮崎弁ランキング!標準語訳付き

宮崎弁で文頭につけて使われるフレーズを、標準語の意味を添えて紹介します。

1位 てげ

2位 じゃけん

3位 はよ

1位 てげ

「とても」という意味で使われます。
これは比較的よく聞くフレーズかもしれません。
地元の人もとてもよく使います。
※注意「てげてげ」とは全く意味が異なります。

1位「てげあちい」→「とても暑い」
2位「てげだりかった」→「とてもかったるかった」
3位「てげおじい」→「とても怖い」

2位 じゃけん

「だから〜」という接続詞のような意味合いで使われます。
「だけん」という地域もありますね。

1位「じゃけん言ったわあ」→「だから言ったのに」
2位「じゃけん帰ろうや」→「だから帰ろうよ」
3位「じゃけんおじーとよ」→「だから怖いんだよ」

3位 はよ

「早く」という意味合いで使われます。
他のフレーズと比べると、なんとなくイメージはしやすいですね。

1位「はよこんね」→「早く来なさい」
2位「はよ起きたね」→「早く起きたね」
3位「はよしー」→「早くして」

 語尾につけて使う宮崎弁ランキング!!標準語訳も

宮崎弁で語尾につけて使われるフレーズを、標準語の意味を添えて紹介します。

1位 〜っちゃ

2位 〜やない?

3位 〜ちょる

1位 〜っちゃ

「〜なんだ」という意味合いで使われます。
これもかなりよく使われるフレーズです。

1位「へぇ〜そうやっちゃ」→「へぇ〜そうなんだ」
2位「そこに行くっちゃ」→「そこに行くんだ」
3位「一人じゃ寂しいっちゃ」→「一人じゃ寂しいんだ」

2位 〜やない?

「〜じゃない?」と同意義で使われます。
標準語にも近いので、比較的イメージしやすいかと思います。

1位「雨降りそうやない?」→「雨降りそうじゃない?」
2位「良さそうやない?」→「良さそうじゃない?」
3位「やってみたらいいんやない?」→「やってみたらいいんじゃない?」

3位 〜ちょる

「〜ている」と同意義で使われます。
宮崎弁って、「ちょ」や「ちゃ」などがやたら多いですね(笑)

1位「お風呂に入っちょる」→「お風呂に入っている」
2位「怒っちょると?」→「怒っているの?」
3位「待っちょるよ」→「待っているよ」

 マニアックでかわった宮崎弁ランキング!!標準語訳あり

聞いただけではどんな意味か想像もつかない?!
宮崎弁のマニアックなフレーズを、標準語の意味を添えて紹介します。

1位 ひんだれる

2位 はらかく

3位 もぞなぎい

1位 ひんだれる

「疲れた」という意味で使われます。

1位「てげひんだれた」→「とても疲れた」
2位「ひんだれて動けん」→「疲れて動けない」
3位「今日は畑仕事してひんだれた」→「今日は畑仕事をして疲れた」

2位 はらかく

「怒る」「立腹する」という意味で使われます。

1位「てげはらかいた」→「とても怒った」
2位「はらかいちょるから喋らん」→「怒っているから喋らない」
3位「なんでそんげはらかいちょっと?」→「なんでそんなに怒っているの?」

3位 もぞなぎい

「かわいそう」という意味で使われます。
※注意「もぞらしい」とは全く意味が異なります。

1位「あの子猫もぞなぎいね」→「あの子猫かわいそうだね」
2位「あら、もぞなぎいことしたね」→「あら、かわいそうなことをしたね」
3位「一人でもぞなぎいね」→「一人でかわいそうだね」

よく使う宮崎弁ランキング!!標準語訳あり

比較的よく使う宮崎弁のフレーズを紹介します。
聞いたことのあるものも多いのではないでしょうか。

1位 よだきい

2位 おじい

3位 なおす

1位 よだきい

「めんどくさい」という意味で使われます。

1位「てげよだきい」→「とてもめんどくさい」
2位「よだきいけど宿題せんとね」→「めんどくさいけど宿題やらなきゃね」
3位「よだきんぼ」→「めんどくさがり」

2位 おじい

「怖い」という意味で使われます。

1位「夜一人で歩くのはおじい」→「夜一人で歩くのは怖い」
2位「あそこの廃墟はおじい」→「あそこの廃墟は怖い」
3位「子供はお化けがおじい」→「子供はお化けが怖い」

3位 なおす

「しまう」「片付ける」という意味で使われます。
東京で使うと必ず「?」という顔をされ、誰にも通じません(笑)

1位「服を棚になおしちょって」→「服を棚にしまっておいて」
2位「遊んだおもちゃはちゃんとなおして」→「遊んだおもちゃはちゃんと片付けて」
3位「いらないものはなおして」→「いらないものは片付けて」

珍しい宮崎弁ランキング!!標準語訳あり

宮崎弁の中でも珍しいフレーズを紹介します。

1位 のさん

2位 ちんがら

3位 しんきなあ

 

1位 のさん

「嫌だ」という意味で使われます。
「のさん」という音からは想像できませんよね(笑)

1位「雨ばっかりでのさん」→「雨ばっかりで嫌だ」
2位「上手くいかなくてのさん」→「上手くいかなくて嫌だ」
3位「のさんけど頑張ろうや」→「嫌だけど頑張ろうね」

2位 ちんがら

「めちゃくちゃだ」「バラバラに壊れる」「やってきたことが無駄になる」という意味で使われます。

1位「頑張ったのにちんがらや」→「頑張ったのに無駄になった」
2位「ちんがらなことばっかりや」→「めちゃくちゃなことばっかりや」
3位「ちんがらにならんごつね」→「めちゃくちゃにならないようにね」

3位 しんきなあ

「イライラする」という意味で使われます。

1位「バカにされてしんきなあ」→「バカにされてイライラする」
2位「あーもう、しんきなあ」→「あーもう、イライラする」
3位「雨ばっかりでしんきなあ」→「雨ばっかりでイライラする」

熊本弁の詳細はコチラ

長崎弁の詳細はコチラ

宮崎弁の詳細はコチラ

佐賀弁の詳細はコチラ

大分弁の詳細はコチラ

鹿児島弁の詳細はコチラ

博多弁から九州弁まで方言をのせています。
面白い表現もたくさんあるので見てみて下さーい。
九州弁
リンク
福岡っちゃん。プロフェッショナル。
タイトルとURLをコピーしました