【福岡県】の方言をすべて解説!「北九」「福岡」「筑豊」「筑後」総まとめ

リンク
博多弁・福岡弁

福岡県の方言は博多弁と思われがちですが、各地区ごとに特徴があり結構違いがあります。
博多弁の解説はよくありますが各地区のものは少なく

リンク

博多弁

博多弁はもともと福岡の博多で使われていた方言のみを博多弁と言っていましたが
現在は福岡市内全域や(筑紫方面と糸島方面、粕谷南部地域)などを総称して博多弁といいます。

それではさっそく博多弁よく使われる王道フレーズを、標準語の意味を添えてランキングで紹介していこうと思います。

博多弁詳細はコチラ

1位「~ばい」

博多弁で語尾に着ける最も有名なフレーズです。

日常で使う「~ばい」ランキング!!

1位:「すいとーばい」→「好きだよ」

2位:「もうしまいばい」→「もう終わりだよー」

3位:「遊び行くばい」→「遊び行くよー」

2位「ばり~」

福岡県民ならラーメンが浮かんでくるフレーズですね。
ご存じの方も多いと思いますが「とても」「かなり」といった意味でよく使われます。

日常で使う「ばり~」ランキング!!

1位:「ラーメン、ばり固で」→「ラーメン、とても固麺で」

2位:「ばりすごかー」→「かなりすごいね」

3位:「ばりきつかー」→「めっちゃきつい」

3位「よか」

少しややこしい言葉で時と場合によって意味が変わります。
「良い(GOOD)」という意味や、「いいよ(遠慮)」であったり「どうぞ(許可)」などといった意味となります。

日常で使う「よか」ランキング!!

1位:「よかよか」→「いい、いい」

2位:「そのアイデアよかやん」→「そのアイデア良いね」

3位:「やってよかよー」→「やっていいよ」

博多弁の詳しいページはこちら

北九州弁

北九州弁(きたきゅうしゅうべん)と は、福岡県の北九州市を中心とした地域で話される日本語の方言です。略して北九弁(きたきゅうべん)とも呼ばれたり、市の中心部の地名から小倉弁(こくらべん)などとも呼ばれます。

それではさっそく北九州弁よく使われる王道フレーズを、標準語の意味を添えてランキングで紹介していこうと思います。

1位 「なおす」

2位 「はらかく」

3位 「すかん」

それでは解説行きましょう。

1位 「なおす」

北九州弁の「なおす」は、「直す」の意味ではなく、「しまう」を意味します。

使用例ランキング

1位「この服、なおしとき」→「この服、しまっておきなさい」

2位「この包丁、はよなおさんといけんよ」→「この包丁、早くしまわないといけないよ」

3位「今なおしとるっちゃ」→「今しまっているところだから」

2位 「はらかく」

北九州では「怒る」とは言わずに、「はらかく」を使います。

使用例ランキング

1位「なんはらかいとん?」→「何怒ってるの?」

2位「はらかいとるけぇ、なんも言いなさんな」→「怒ってるから、何も言わないほうがいいよ」

3位「うち、はらかいたっちゃ」→「私、怒ったの」

3位 「すかん」

「好き」の反対は「嫌い」と思いきや、北九州弁では「好かん」になります。

使用例ランキング

1位「あの人、すかん」→「あの人のこと、嫌い」

2位「これ、すかんっちゃ」→「これ、すごく嫌い」

3位「「すかん」っち言いよった」→「「嫌い」って言ってたよ」

北九州弁の詳しいページはコチラ

筑後弁

一般的に筑後弁(ちくごべん、ちっごべん)という場合、福岡県 筑後地方全体の方言を総称する場合と、筑後地方北部の久留米市や筑後市を中心とした地域で使われる方言(久留米弁)を指していう場合とがありますが 、今回は筑後地方全体の方言を紹介します。

それではさっそく筑後弁よく使われる王道フレーズを、標準語の意味を添えてランキングで紹介していこうと思います。

1位「ぎゃん、がば」

2位「すかん」

3位「しょんなか」

では解説していきます。

1位「ぎゃん、がば」

「ぎゃん」、「がば」ともにとてもという意味です。
「ぎゃん」は主に大牟田でつかわれており、「がば」は主に久留米でつかわれています。

使用例

「ぎゃんきつかー」→「とてもつかれた」

「がばうまか」→「とてもおいしい」

2位「すかん」

嫌いという意味。好きじゃないというほうがニュアンス的には正しいかもしれません。

使用例

「もう、すかん!!」→「もう、きらい!」

「それ、すかーん」→「それ、好きじゃない」

3位「しょんなか」

しょうがないという意味。相手を慰めるような言い方もします。

使用例

「そら、しょんなかたい」→「それはしょうがなかったね」

筑後弁の詳しいページはコチラ

筑豊弁 

筑豊弁(ちくほうべん)は、福岡県筑豊地方で使われている日本語の方言。九州方言の中では、最も標準語のアクセントに近い方言とも言われています。

それではさっそく筑豊弁よく使われる王道フレーズを、標準語の意味を添えてランキングで紹介していこうと思います。

 

1位 「~ばい」

2位 「~ん」

3位 「~ね」

それでは解説行きましょう。

1位 「~ばい」

博多弁でもおなじみの「~ばい」は、筑豊でもやはり定番です。

1位「そうばい」→「そうだよ」

2位「そんなん知らんばい」→「そんなの知らないよ」

3位「そげなことせんでいいんばい」→「そんなことしなくていいんだよ」

2位 「~ん」

動詞などの語尾に付けて、これで終わらせます。「~たい」「~と」など、語尾に付ける方言は
いろいろありますが、それらを付けずに短い表現ができます。
気が短く早口な筑豊の人にはもってこいです。

1位「そうなん?」→「そうなの?」

2位「もうせん」→「もうしない」

3位「コショウ、取ってくれん?」→「唐辛子、取ってくれない?」

※筑豊で「コショウ」と言ったら、通常は一味唐辛子ないし七味唐辛子のことになります。

3位 「~ね」

2位の「~ん」の後などに付けて、質問したり、同意を求めたり、確認のときに
使われます。

1位「そげなことしていいんね?」→「そんなことしていいの?」

2位「やっぱだめやったんね」→「やっぱりだめだったんだね」

3位「ついて行かんでいいとね?」→「ついて行かなくていいの?」

博多弁の詳しいページはこちら

筑豊弁の詳しいページはコチラ

筑後弁の詳しいページはコチラ

北九州弁の詳しいページはコチラ

 

博多弁・福岡弁
リンク
福岡っちゃん。プロフェッショナル。
タイトルとURLをコピーしました